So-net無料ブログ作成
検索選択
前の7件 | -

飼育現況 [独り言、ぼやき他]

本当に久しぶりに我がページに来ました。
この間、いろいろな出来事があり記事の更新を行う事が出来ませんでした。
訪問された方の期待を裏切って、申し訳なく思っています。

さて、現在の蜜蜂飼育状況ですが、
西洋蜜蜂5群を飼育中です、この夏には9群になっていましたが、暑さ対策が万全でなかったのと、給餌等の維持管理が悪かった為、継箱まで満杯の蜜蜂数の群れまで全滅させてしまった。
強群だからと、安心して手抜きした結果・・・惨めな結果を迎えた!
改めて、飼育の難しさを再認識です。

もう一方、日本蜜蜂は、
分蜂群を2群捕獲して、一時期4群になっていたが、酷暑の為巣の落下等が生じて現在2群の飼育です。
日本蜜蜂は、西洋蜜蜂と違って管理は楽です。普通、無管理でも順調に強群となる、
但し、スムシに注意とスズメバチの防御は最低源必要です。
それと、暑さ対策と寒さ対策です。

蜜蜂の飼育は、蜜蜂が好きでないと飼育が難し・・・これが結論ですよ!


飼育の現状報告 [独り言、ぼやき他]

また、永らく記事の更新が出来ていませんでした、
訪問された方々、申し訳なく思ています・・・!

現在は、スズメバチの警戒時期も過ぎ、越冬体勢も準備出来た状態です。
今年のスズメバチの飛来(攻撃)は、8月10日頃~11月10日頃まで長い期間生じました。
私が、蜜蜂の飼育を始めた頃は、10月の上旬になれば、殆ど飛来を見かけなかったのだが、これも温暖化の性だろうか?

さて、今飼育している蜂群は
西洋蜜蜂が5群・日本蜜蜂2群です。
趣味の養蜂ですが、養蜂法の改正があったので、一昨年から蜜蜂飼育届を提出しています。
蜂群は、増やしたのですが、蜜源の花が多くないので様子をみて、増群する予定です。

人間(私の事)は、忙しい時期には、少ない自由時間を利用して記事の更新をしていたのだが、時間の余裕が出来たら、
何時でも書けると・・・・・何か月も書かない・・・ダメだね!

蜂群の建勢 [西洋蜜蜂飼育、管理]

蜜蜂も3月となれば盛んに活動を始めるようになります。
しかし、南北に長い日本列島だ北と南の地方に差が出るの当然です、

蜜蜂の飼育は冬には、比較的仕事が無いが、これから油断できない季節到来です、常に状態を把握して管理する必要がある。
暖地に位置する我が地方は、1月にも産卵が見られます、2月中旬に1回目の給餌をして3週間程経過、2回目の給餌をしました。
蜜蜂の数も増えてきたので巣礎枠を入れた、勿論2月中旬にはダニ駆除剤(アピバール)も吊るして対応しています。

蜂群の建勢は重要です、建勢のコツは給餌です。糖液は少し濃い目にして与えます。
普通給餌して産卵を促します、建勢のピークは流蜜時期と一致させるのが理想です。それには2ヶ月前頃から対応しないと間に合わないようになる。

尚、日本蜜蜂群は、西洋蜜蜂群のように神経質にならなくても大丈夫ですが、やはり給餌を行ったほうが良い結果を得られます。

蜜蜂の越冬 [蜜蜂の維持管理]

蜂群は越冬中ですが、我がブログは冬眠状態でした。
遅くなりましたが、本年もよろしくお願いします・・・。
もっと有効な記事の更新をせよと、お叱りの声が聞こえそうです・・・努力・努力だ。

さて、季節は冬、この寒い時期は、蜜蜂たちは静かに春を待っています、つまり越冬中です。
冬眠ではないので、暖地区域に位置する我が地方では、暖かい日には蜜蜂は巣箱から出て飛び回ります、
僅かながら花粉を付けて帰巣する蜂も見られます。

勿論寒い時期なので巣箱は簡単な防寒処置をしています。
巣箱を覆っているので、巣箱内が湿った状態になりがちになるので留意します、晴れた暖かい日には巣門を広く(詰物を除去)して乾燥させます。

スズメバチ防御 [蜜蜂の維持管理]

夏の終わり頃から続いている、スズメバチ対策はもう少しで終わる。
今年は、雨季から夏にかけて雨が少なかったので、オオスズメバチが繁殖しているだろうと予測して、巣箱に襲来を覚悟していたが、ごく稀にしか来ていない、この様な状況だからオオスズメバチの被害は殆ど発生してない。

こんな被害の無い年は、過去に経験がない(ありがたい)
しかし、キイロスズメバチは、春から現在まで毎日来ている、このスズメバチは、蜜蜂を一匹ずつ捕獲して帰巣するので、一度に甚大な被害は生じないが、何回も数十匹が繰り返し襲撃してくれば被害は無視できない。
巣箱付近で見かければその都度、撲殺駆除で対応します。

日本ミツバチは、スズメバチが近付くと集団で羽を震わせて威嚇して防御しています。
これでも襲ってくるスズメバチには、集団で熱殺する行動する場合もあります。

これが、スズメバチに集団で群がって熱殺しているところです。
中心部では、キイロスズメバチが餌食になっています。
左上に、キイロスズメバチがホバリングして捕獲の機会を狙っている!

日本蜜蜂のスズメバチ補殺.jpg

素瓢箪 [ひょうたん栽培・加工]

蜜蜂が主要なブログですが・・・!
また、瓢箪の記事で申し訳ない、養蜂に関することは、以前の記事と重複しそうでネ。
ん? 瓢箪も同じでは?
ハイ、ごもっとも・・・・・!

8月の下旬に水漬けしてから、5週間以上経過してやっと素瓢箪となりました。
まだ、乾燥が不十分だが晴れれば自然乾燥します。

最初の工程、中身(種等)取り出しです。
水の入った瓢箪を上下に振って振出します、ドロドロ状態の中身と種が出てきます、
この作業は、臭いが強いので必ずゴム手袋を着用する。
(薬品で腐らす方法もあります
瓢箪中味(種)取出し.jpg 

取り出した中身(種)の状態。
 取出した種等.jpg

天日干し、時々廻して全面乾燥させる。
 瓢箪の天日乾燥.jpg

乾燥した瓢箪、
瓢箪の中は写真で解るかな~?(半分に切断したのが1個ある)
表面と違って筋状でザラザラ状です。
 乾燥完了(中状況).jpg

素瓢箪の出来上がり、(このままで保存可能)
表面仕上げ(塗装・漆塗り・絵等)や彫刻等、様々な方法があるが、時間にゆとりが出来れば加工します。
また、我が市内で装飾ランプ(透かし掘り)やスピーカーに加工している人がいるので、機会があればお教えを受ける予定です。

スズメバチ対策 [蜜蜂の維持管理]

今年もまた厄介な季節が来ました。
スズメバチの襲撃が蜜蜂にとっては、最大の脅威になります。
この頃から10月まで警戒を怠ることが出来ない、初夏からキイロスズメバチは単発で巣箱に来て、蜜蜂を捕獲を繰り返していたが、キイロスズメバチは集団で襲ってくることがないので被害は軽微です。
しかし、オオスズメバチは、最初は単独で襲っているが、これを繰り返させていると必ず集団で襲って来ます。
この結果、蜜蜂の群れは弱小群れになるか全滅になる。
特に、西洋ミツバチは防御が苦手なので注意が必要です。

捕獲器を取り付けて予防します。これを設置していても被害は受ける。
  DSC_2013-030 (4).jpg

今年も3種類取付しました。 
傍にあるラケットのような板は、スズメバチを叩き落とすのに使用します。
  2013,スズメバチ捕獲器.jpg
日本蜜蜂の巣箱・・・スズメバチ予防器の取付
  DSC_2013-030 (3).jpg

日本ミツバチはスズメバチに対して防御態勢を行えるので少しは安心です。
  DSC_2013-030 (2).jpg

前の7件 | -
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。