So-net無料ブログ作成
検索選択

スムシ [蜜蜂の害虫、害敵、]

蜜蜂の巣箱に入って、卵を産み付ける蛾がいます。
この蛾(ハチノスツヅリガ、ハチミツガとも呼ぶ)の蛆をスムシと言います。

夏から秋の季節に多く発生します。
この蛾は、夜行性で夜巣箱に侵入します。西洋蜜蜂は強群ならば何ら心配不要ですが、弱群となると巣脾に産卵された卵が孵化して、巣脾が食害を受けます。
巣箱から取り出した巣脾枠も、産卵されている心配があるので、駆虫する必要が生じます!

日本蜜蜂も強群ならば、比較的防御するが、弱群は忽ちスムシの害を受けます。スムシに侵されると逃去となるでしょう。この為、時々巣箱の掃除をする必要があります。

スムシの食害を受けた巣脾枠です。こうなると使用できなくなります。  
 巣脾枠(スムシ害)DSC_0007.JPG  

拡大すれば・・!
  スムシ害(巣脾)DSC_0008.JPG 

これが、スムシです。
 スムシDSC_0005.JPG  

付 録
この蛾も夜行性の蛾(メンガタスズメ)です。巣門に群がっているミツバチの中に突撃して巣の中に入ろうとします。直接の害は生じないようですが、攻撃を受けた群れは騒がしくなります。
夜間に、明るい窓などにミツバチが飛んでくる時は、これに攻撃されている場合があります。
(頭の部分が顔のように見えるところは模様です)
メンガタスズメDSC_0002.JPG

★・・蜜蜂飼育の参考書。

庭で飼うはじめてのみつばち―ホビー養蜂入門

庭で飼うはじめてのみつばち―ホビー養蜂入門

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 山と溪谷社
  • 発売日: 2008/07
  • メディア: 単行本

ミツバチ―飼育・生産の実際と蜜源植物 (新特産シリーズ)
日本ミツバチ―在来種養蜂の実際 (新特産シリーズ)
ニホンミツバチの飼育法と生態
ハチミツレシピ。ミツバチを育てながら
タグ:スムシ
nice!(10)  コメント(3)  トラックバック(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 10

コメント 3

kaoru

おはようございます。
蜜蜂の巣箱に卵を産み付ける蛾がいるのですね。
被害を受けると凄い状態になってビックリです。
蛾も子孫を残すために必死なのでしょうね・・・
by kaoru (2008-08-15 08:52) 

enosan

まるで強盗のようなものですね。
by enosan (2008-08-15 08:56) 

ibeei

kaoruさん
このガは厄介です。
巣箱から取り出した巣脾枠も、卵を産みつけていることが多いので、そのまま保存したら大被害となります。
しかし、自然界は不思議な生物の宝庫ですね!

enosanさん
ミツバチを飼うまでは、こんなに外敵が多いとは思ってもいませんでした。



by ibeei (2008-08-19 21:29) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。