So-net無料ブログ作成
検索選択

スズメバチの季節に・・・! [蜜蜂の害虫、害敵、]

今年もまた、スズメバチの季節になりました。
しかし、今年は例年8月から見られるキイロスズメバチの姿が見られない。
そして、オオスズメバチもまだ襲って来ない。
春先から何か変だと感じている気候が、大きく影響しているのだろう・・?
雨が多い時期~夏の酷暑(まだ続いている)等々・・・・・!
しかし、油断は禁物です、

西洋蜜蜂の巣箱には捕獲器・日本蜜蜂の巣箱には予防器を取り付け、スズメバチの被害軽減を行いました。

西洋蜜蜂
スズメバチ捕獲機(西洋蜜蜂)004.JPG

スズメバチ捕獲器を取り付けただけでは、集中的に攻撃を受ければ大きな被害を受ける、その為、間に写真で解るように箱を設置しています。
この方法は、以前ネットで他の記事を見かけたのですが、私のを見て改良したのか、あちらが先は解らないが、同じ考えに依るものだろう(尚、私はこのページで記事にする十年まえから行っています)

横からみた捕獲器です、
スズメバチ捕獲機+箱006.JPG

日本蜜蜂の巣箱・・・予防器
日本蜜蜂は、オオスズメバチ等が住んでいる環境で進化して来たので、自衛行動をとることが出来る、巣箱の中にスズメバチが入らなければ、全滅被害となることはありません。
スズメバチ予防器(和蜂).JPG


正面から見ると、この様な感じです。
予防器正面003.JPG

捕獲器・予防器とも、コンパネを材料として作った自作品です。
nice!(6)  コメント(11)  トラックバック(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 6

コメント 11

koume

お久しぶりですね^^
ご訪問ありがとうございました。
今年は暑すぎて、昆虫達も大変じゃないかなーと思います。
ミツバチ達も夏ばてしてないかしら^^;
by koume (2010-09-07 16:09) 

ibeei

訪問ありがとう、
北の国でも暑い日が多いようですね。こちらは連日です。
蜜蜂も暑さは苦手だから、疲労困憊状態だよ、
しかし、若蜂が生まれてくるので、群れは回復します。
by ibeei (2010-09-07 22:02) 

itchann

こんばんは。
初めてコメントいたします。

アウトドアブログを書いている者ですが、
スズメバチ対策についての記事を書きたく思い、トラックバックさせていただければと考えております。
差し支えなければ、捕獲機の画像もお借りできればと。

ご迷惑でなければ、当該日記にてリンクを張らせていただければ幸いです。

申し訳ありませんが、この場で構いませんので、お返事頂けたら幸いです。

では失礼いたします。


by itchann (2010-09-12 17:50) 

ibeei

訪問、ありがとう、
このブログの画像使用、了解いたします。
参考になるのがあれば好いのですが。
トラックバック及びリンクの件、承諾いたします。
今後も、よろしく・・・・!
by ibeei (2010-09-12 20:41) 

阪田

ibeeiさん
 はじめて、コメントさせていただきます。
 養蜂家2年目を過ごしていますが、今は、スズメバチとの戦いに明け暮れています。
 オオスズメバチ侵入防止器は、ほぼ同じものを作りつけていますが、オオスズメバチが捕獲器に入ってしまうと、次々に蜜蜂がトラップにあがり、犠牲になります。
 ついては、捕獲器と巣箱の間に入れている侵入防止器(自称)の奥行きに問題がありそうな気がしてきました。
 私は、19センチの板を使うので、奥行き19センチなのですが、ibeeiさんは、どのくらいなのですか。
 また、トラツプ内に、オオスズメバチが入ったとき、蜜蜂が戦いをいどみませんか。
by 阪田 (2010-10-02 07:23) 

ibeei

私も、蜜蜂の飼育を始めた年は、安易に考えていて、スズメバチに全滅させられた苦い経験があります。
販売している捕獲器では、蜜蜂の被害が大きいので巣箱と捕獲器の間に箱を設置したのです、この結果被害は1/10程度に軽減出来ました。
私が作ったのは35㎝ありますよ。巣門からゾロゾロ這い出てくるので
この位あるのが好いのでは・・?
罠の中の蜜蜂が入って被害に逢うことはあります。この部分の網目を細かくすれば、解決するでしょう!
今後も、よろしく、お願い致します。

by ibeei (2010-10-02 22:52) 

阪田

ibeeiさん
 さっそくのご教示ありがとうございます。
 巣箱との間に入れる箱型の予防器の上面の金網の網目、ここからも蜜蜂が出入りできる網目なのでしょうか。
 私のは、奥行き19cmで、まったくの箱型で、距離がみじかすぎて、蜜蜂が容易に捕獲器に入り犠牲になってしまうような気がします。
 また、奥行きを長くし、さらに、上面網目からも出入りできる構造にして、スズメバチに対する戦意を失わせる効果でしょうか。
 それとも、上面は、蜜蜂が出入りできない網目なのでしょうか。
 
by 阪田 (2010-10-03 05:34) 

阪田

ibeeiさん
 さっそくありがとうございます。
 再度確認させてください。
 奥行き35cmで、上面は、蜜蜂が出入りできる網目でしょうか。
 両サイドは、風とおしでと、以前のブログに記載がありました。
 私も、19cmで10数個制作してしまいましたので、なんとか、改造で対応できればとの考えです。
 
by 阪田 (2010-10-03 05:49) 

ibeei

再度の訪問ありがとう、
箱の上部の網目ですが、最初は6mm目の金網で作っていたのですが、この上にスズメ蜂が居座り近づく蜜蜂を次々噛み殺すので、今は蜜蜂が通り抜けることが出来ない網目にしています。

スズメバチを…戦意消失とすることは難しいでしょう!

両サイドの通風窓は、蜜蜂が通り抜け出来る網目と、出来ない網目のと2種類作っています。
場合により、横にもスズメバチが待機して、近づく蜜蜂を噛み殺すことがあるので、使い分けています。
まだ、何か不明の事があれば、この場所か、またこのページにあるメール欄を利用して頂ければ幸いです。
by ibeei (2010-10-03 07:44) 

阪田

ibeeiさん
 予防器の作成について、ご教示ありがとうございました。
 捕獲器を巣門からできるだけ遠くに離し、その間、蜜蜂たちが外の景色をながめ、捕獲器に入っているスズメバチに敵意を示さないようにすれば、犠牲にならずに済むと理解しました。
 
 
by 阪田 (2010-10-03 19:38) 

ibeei

追伸
箱の全面は、金網より格子状の構造とした方が好ましいです。
ミツバチが死蜂の死骸を外に運び出す作業に、網では支障があるので、箱の内側に死骸が溜まるので時々掃除の必要があります。
尚、格子の幅はスズメバチが通れない間隔(純間隔6mm程度)とすることが重要です。
by ibeei (2010-10-04 11:39) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。