So-net無料ブログ作成

蜜蜂の花粉採集 [蜜蜂の神秘・・!]

蜜蜂が果樹等の受粉に大きな貢献をしていることは ,殆どの人がご存じでしょう。

しかし、蜜蜂が花粉を採集している作業を詳しく知っている人は、そう多くは居ないのでは・・・?
写真や実物で後足に、花粉を付着している姿は見たことがると思われます。

これが、訪花している蜜蜂です。
    訪花.jpg

花(キバナコスモス)の前でホバリングしている蜜蜂。
花粉付けている姿。
 蜜蜂の花粉.jpg

花粉を団子状に足に付けて花粉を運びます、
この状態に出来るのは、蜜蜂の後足の構造に秘密があります。

実に合理的で適しているように巧妙に作られています。後足の第一肢節は大きくて内側に剛毛が密集しています。
そして、この剛毛がブラシの働きで花粉を払い落とすことが出来る。
脛節の外側は、長い毛が生えており中央部が凹んで花粉を納めるに適した構造になっています、この部分を花粉籠と呼ばれています。また、花粉籠の裏側の下縁に剛毛が下向きにあって、花粉を籠に納める時に微妙な働きをします・・・この個所を花粉櫛と言います。

花粉採集中の蜜蜂の姿が観察するのが困難なのは、殆どの作業が飛行中に行われる為です。 
蜜蜂は花の雄しべにとまって、顎と舌で花粉を噛んだり舐めたりして湿らせ、口器のあたりにくっ付けます、この行動をしている時に、体一面に生えている毛に花粉が付着します。
こうして採集した花粉は、飛行中に巧妙な動作により花粉籠に集められます。

(ネバネバに湿らせた花粉と乾燥した花粉を巧みに結合する)

こうして採集した花粉団子を巣箱に持ち帰り花粉を蹴落とします。
花粉採集蜜蜂の仕事はここまでです。
運び込まれた花粉の処理は、若い内勤蜂が巣房に蓄える。

花粉採集蜂は小休止後、再び新たな花粉採集に飛び立ちます。
花粉採集蜜蜂のサイクルは、採蜜蜂と比較するとかなり短時間です、14~20分を1サイクルとして繰り返し行われます。
尚、蜜蜂が1回に運ぶ花粉の量は、花粉源植物によって差はあるが、平均20mg程度が通説のようです。
また、1㎏の花粉を集めには、巣箱と花の間を5万回も往復しなければならない計算になります。
1群れの蜜蜂数が多い理由がこれで理解できるでしょう。

花粉は、蜜蜂の重要なタンパク源の食料となります
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 2

みほ

しばらくのご無沙汰でしたね。
ミツバチと花粉との関係、専門家の観察、
良いですね。
by みほ (2012-12-13 17:34) 

ibeei

はい、永らくご無沙汰していました。
訪問、コメント感謝です!
詳しく書けば、長くなるので簡素化して内容ですが、ありがとう。
by ibeei (2012-12-18 23:17) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。