So-net無料ブログ作成
検索選択

越冬準備(巣箱の防寒) [蜜蜂の維持管理]

過去の記事と重複しますが、今年も寒い季節がやって来ました。
蜜蜂は、外で活動することが出来ない寒い季節でも冬眠はせずに、寒さを防ぐために蜂球を保って暖をとっています。
気温が幾ら下がっても蜂球内部温度は14℃以下にはならない様に発熱してこの状態を保持している。
尚、14℃という温度は、他の昆虫が冬眠を始める温度と一致しています。
発熱作用は蜂球の表面が10℃以下になったら始めるとされています。また。働き蜂は8℃凍えて蜂球から墜落します。表面の蜂と内部蜂とは巧みに入れ替りして蜂球を維持しています。

巣箱の防寒処置
我が地方は包装せずに越冬は可能ですが、用心の為に写真のような巣箱に覆いを行いました。
勿論、巣門は狭めます。
ここで重要な注意が必要です、巣箱内の湿気が多くならないように配慮しなけばならない。
被物は、防水布など通気性のない物は、使用しないのが賢明です。

極端に重装備の包装はかえって有害となるので、換気装置(構造)や防湿に留意することが重要です。

西洋蜜蜂の巣箱
 004.JPG
 
中央の巣箱は、スポンジ状の板材で箱を作って被せている(この状態は特に、湿度に注意します。温かい日には、巣門を全開にして、内部の状態を確認する)

越冬の重要な条件
1)優秀な女王で強群(5枚以上)
2)充分な貯蜜(蜜と花粉)があること
3)巣門の縮小・防湿
4)巣箱の置き場所の適正化
5)最適な防寒処置

日本蜜蜂の巣箱(参考)
巣門を狭めただけで、ここ2年は越冬させましたが、今年は簡単な防寒処置を行っています。
 002.JPG
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。