So-net無料ブログ作成
養蜂(雑記帳) ブログトップ

本年もよろしく [養蜂(雑記帳)]

新年も、早くも10日を過ぎた・・・・・! 新年の挨拶は気が引ける時期となったのですが、 本年もよろしくお願い申し上げます!

さて、愛蜂達の現況です、真冬のこの季節ですが、
気温が12~13℃程になる日は、写真のように元気に外に出ています。
今月の下旬になれば、産卵もボツボツ見られるでしょう。

2010,1月、巣箱前.JPG

外に、蜂蜜の残りを垂らせば、蜜蜂が直ぐに群がってきました。
しかし、気温が低いと粘りが強い蜜なので、吸うのを苦労しているようでした。
お湯で薄めて与えればもっと喜んだろう・・・?
2010,1月、西洋蜜蜂.JPG

保管している巣脾枠を取り出してみました、
寒いこの季節ですが、スムシを数匹見つけて駆除した。
昨秋の卵が巣脾に残っていたのだろう、油断できないです。食害を受ける前に、再度駆虫しなければならない。
2010、1月、巣脾枠乾燥.JPG

蜜蜂の巣の構造 [養蜂(雑記帳)]

蜜蜂の巣(巣脾)の写真は、写真で見たことがあるでしょう。
これを、詳しく文章で書くと、次のようになります。
自然の群れでも巣枠で飼育している群れも、薄い板状の両面にほぼ正六角形の巣房(筒状)が幾何学的な正確さで整列した巣を作ります。

これは理にかなった理想的な形です(ハニカム構造)これを巣脾(すひ)と呼びます。

この巣脾が1.5㎝間隔で何枚か並んで垂れ下った状態が蜜蜂の巣です。
これで集団生活を営みます。
人工的な飼育の場合は、一定の寸法に作った木枠(巣枠)に巣礎を付けて、巣を作りやすいように巣箱にいれます。これは実質的には自然の巣と同様です。

巣房は一番多いのが働き蜂房で、4個で1c㎡になります。
雄蜂房は一回り大きくて1c㎡あたり3個程度です、3つ目は、王蜂用の特殊な巣房があります。
王蜂の巣房は大きさ形もまったく違い、長さは3㎝以上になり表面は落花生の殻のような形をしています。これを王台と呼びます。
無王となった時つくる変性王台(巣脾の中に出来る)と分蜂のために作る王台(巣脾の下に作る)があります。

これを住処として、秩序整然と集団生活を営んでいる。この集団は普通1匹の女王蜂と多数の働き蜂、そして少数の雄蜂(季節により居ない時期がある)から成り立っています。
ミツバチの集団があまりにも秩序よく整っているので、集団全体を一つの動物と考えても不思議ではありません。

タグ:

蜜源の花(蜜柑) [養蜂(雑記帳)]

晴れの日が多い天気が続いているが、待ちこがれている蜜柑の花はまだ咲かない。
例年ならば4月下旬には、咲き始めるのだが、まだ蕾・・・!
咲き始めると・・雨・雨・・こうならないことを祈っています!
 DSC_0014-15蜜柑の花蕾.JPG

今日の蜜柑の蕾状況です、大分膨らんでいる蕾もあるので明日咲く花が生じそうだ。
 DSC_0013-15蜜柑の蕾アップ.JPG

気温が高くなるこの時期に見られる現象です。
巣門に群がるミツバチです、このような状況が見られる群れは、強群と呼べる巣箱です、
この現象は、夜間に多く見られるようになります。
初めて、ミツバチを飼育した人は、何か異常が有るのではと、心配する人が居るようですが、これが正常な姿です。
(暑い夜などには、ミツバチが夕涼みしていると思っていいでしょう)
逆に、充分な蜜蜂数が確保出来ていない群れは、巣門付近が静かです!
 DSC_0002-15巣門ミツバチ.JPG 

アップで写せば・・蜜蜂の姿が解ります。
(蜂嫌いの人は、見ないようにしましょう)・・・、もう見てしまったのですか?
 DSC_0005-15蜜蜂の集合.JPG
タグ:蜜源花
養蜂(雑記帳) ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。