So-net無料ブログ作成
蜜蜂飼育管理の失敗談 ブログトップ

西洋蜜蜂越夏の大誤算! [蜜蜂飼育管理の失敗談]

長い間、ご無沙汰していました。申し訳ない!

今年越夏結果(西洋蜜蜂)に、大きな誤算が生じてしまいました。これも一つの要因ですが、他に忙しい時期でもあったから、記事を更新する意欲が失せていました、 だが、これではいけないと、思い直し、気持ちを新たにしてブログに向かいます。 失敗の記事は、蜜蜂を飼育している人にとって、参考になるのだろうと考えが変わりました!

今年の流蜜期に、蜂群(巣箱)が多く、貯蜜が増えない結果となり、蜜源となる植物不足が明らかになったので、巣箱を整理(飼育群れを少なくする1/3程度に)する予定です・・・と以前の記事に書きました。
これを、実行すべく越夏対策を手抜きして自然淘汰で減るだろうという状態で、推移させていましたが、想像以上に蜜蜂の減少が進行し、これではダメだと、7月下旬に気付き、手当(給餌等)を行いましたが、時すでに遅く、手遅れになっていたようです。
尚、この時点では、継箱をあげている巣箱で蜂数もかなりの数なので、少しは楽観していました。

しかし、8月下旬~9月になっても回復出来ず、合同させるにも心細い群れとなったので、思い切って全群の処分を実施!(自然巣飼育で何年も、経過していた巣群れもダメになったので、何か病気があるといけないので、決心しました)
このようなことは、飼育の開始から、今まで無かったことです!

最大の要因は、自然淘汰で優秀な群れは残るだろうと、安易な考えを持っていたことです。

考えられる原因は、梅雨も早く明けて酷暑の時期となり産卵が止まった為、長い夏蜜蜂が越せなく秋の産卵時期までに、蜜蜂の寿命が尽きたことが考えられる。
予防対策として、梅雨末期に給餌して産卵を促していればこうゆう事態にならなかった気がします。
他には、病気(症状は何も見当たらないが)ダニの影響などが、考えられます!

新たに、また開始します、今後もよろしく、お願い致します!

尚、日本蜜蜂(7群)は、なんら異常なく、健全な群れで推移しています。

9月上旬の、スズメバチ対策をしている状況です。
  DSC_0042スズメバチ捕獲器.JPG

自然巣(日本蜜蜂用巣箱)で飼育していた全滅の痕です。これは、木陰に置いていたので越夏は大丈夫と楽観していた群れでした。重箱式(一番下の箱は除いています)
 014自然巣.JPG

巣脾枠を乾燥している状態です(保管が大変だ~)
 010巣脾枠乾燥.JPG

スムシの被害を受けた巣脾を取り除いた巣枠です・・・多く発生(この片付けも大変)
 012巣枠.JPG  
タグ:蜜蜂飼育
蜜蜂飼育管理の失敗談 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。