So-net無料ブログ作成
蜜蜂の飼育を始めるには・・・! ブログトップ

蜜蜂を扱う方法 [蜜蜂の飼育を始めるには・・・!]

新年、明けましておめでとう。
本年も、訪問や励まし等よろしくお願いします!
年度末(3月末)まで、記事の更新もままならない日が続くけど、気長に見守ってください。

ミツバチの扱い方の基本です。(西洋蜜蜂編)

1、蜜蜂は、むやみに刺すことはありませんから、恐れずに優しく取り扱うようにします。
 但し、曇りや雨、風が強い日、寒い日等は、天気の良い日と比較すれば機嫌が悪いいので・・注意!

2、刺すことは少ないといっても蜂です、扱う時は、面布・帽子・肌の出ている服装は控える方が賢明です(慣れてくれば、腕などは露出したまま作業することもあります)

3、面布の中に蜜蜂が入った時は、慌てずに外します。中に入った蜜蜂は明るい方に向かう習性があるので網に止まっている状態となっていることが多い。

4、ヘアースプレーや化粧・香水等の匂いを発するものを、身体に付けずに作業する。

5、巣箱の蓋を開ける時が重要です、箱をトントン軽く叩き、中の蜜蜂が何かな?と身構えさせて優しく開けます。荒っぽく開けて興奮させると、作業中体に付きまといます、燻煙しても収まりにくい。

6、燻煙は、最初、巣門から2回ほど軽く行い、蓋を少し開けた状態で2~3回吹き付けると、ミツバチは受け入れておとなしくなります。

7、巣箱付近で慌てて忙しそうに早く動くことは控えます。蜜蜂は巣の周辺で素早く動くものには警戒して敵と判断するようです。静かに落ち着いて作業すれば蜜蜂は興奮しません。

8、作業中に何かのはずみで、巣箱を蹴ったり大きな振動を与えれば、蜜蜂は大騒ぎとなります。
こうなると、攻撃してくる恐れが大です。

9、巣箱の正面んでは、作業しないこと(横で作業します)

10、手袋(ゴム手袋。軍手は適していません)そして足元、ズボンの裾から蜜蜂が入らないように留意。夏でも長袖の服が好ましい。服の色は白っぽい物が適しています。

以前書いた記事と、重複している事項もありますが、まとめてみました!参考になれば幸いです。

☆・・蜜蜂飼育の参考書です。


ミツバチ―飼育・生産の実際と蜜源植物 (新特産シリーズ)

ミツバチ―飼育・生産の実際と蜜源植物 (新特産シリーズ)

  • 作者: 角田 公次
  • 出版社/メーカー: 農山漁村文化協会
  • 発売日: 1997/03
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

日本ミツバチ―在来種養蜂の実際 (新特産シリーズ)

日本ミツバチ―在来種養蜂の実際 (新特産シリーズ)

  • 作者: 藤原 誠太
  • 出版社/メーカー: 農山漁村文化協会
  • 発売日: 2000/04
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

タグ:蜜蜂

西洋蜜蜂の養蜂器具 [蜜蜂の飼育を始めるには・・・!]

西洋蜜蜂を飼育するには、用具(養蜂器具)が必要です。(近代養蜂)
写真は、このブログカテゴリー(巣箱、飼育器具)やリンクしている養蜂場のHPを参照にしてください!

主要な器具(用具)類

1、巣箱、
内径:幅37.0㎝奥行46.6㎝高さ24.2㎝巣脾枠を掛ける箇所は48.4㎝、この上部に蓋が付きます。
寸法の規格は、国際規格なので吋寸法をメートル法に換算しているので、1mm単位の寸法になっています。
板の厚さは15mm以上、そして側面は1枚板が望ましい。外部を塗装すれば長く使用出来る。

2、継箱
蜜蜂の数が増え、手狭になった時に巣箱内を広くする為、巣箱の上にぴったり重ねることが出来る箱です。寸法は巣箱に準じます。

3、巣枠
巣を作る木枠です。巣箱にちょうど入る寸法に出来ています。ラ式とホ式がある。
簡単な構造だが、自分で作るより買って組み立てる方が好いでしょう。針金(#24~26)を3~4本通して、枠を丈夫にするとともに、巣礎の取り付け用です。

4、巣礎
蜜蝋が原料として作られています。巣脾の土台となる物です、これに蜜蜂が巣を盛り巣房を作る。
粗悪品は,蜂に嫌われて蜂付きが悪い、韓国、台湾、日本製等が販売されているが、国産が好いようです。巣枠に付ける作業は記事にあります。

5、遠心分離機
巣脾から蜂蜜を取り出す道具です。(回転させて、貯蜜をふるい落とす)1枚入りの簡単な物から2枚・・・十数枚と大型まであります。
趣味ならば、2枚入りで充分です(ステンレスで出来ており少し高価です。

6、燻煙器
フイゴ式の煙出し器です。中に紙、枯草、麻、等を入れて燃やし、巣に吹きかけて蜜蜂を静めます。

7、覆面布
麦わら帽子などに被せて、蜂から顔を守るための、細い網状のかぶり物、必需品です。

8、ハイブツール(蝋掻き)
金属製のヘラで、巣箱の蓋を開けたり、巣のの掃除する時にしようします。
釘抜きで代用も出来ます。

9、蜜こし器
蜂蜜をこの網目を通して、不要物を越し取る器具。小さな網や布で代用品が簡単に出来ます。

10給餌器
蜜蜂に餌(砂糖水)を与える容器です。木製とプラスチック製があります。

11、蜜刀
巣脾の貯蜜部の蓋があるのをこれで切り取ります。べたつかない様に湯で温めて使用します。
代用の刃物でも作業は出来ます。

12、その他、
(蜂ブラシ・王籠、分割板、隔王板・・・等)

まだ、細かいものはありますが、最低でもこれだけは必要です。
タグ:養蜂器具

巣箱の内検方法(西洋蜜蜂) [蜜蜂の飼育を始めるには・・・!]

蜜蜂の飼育法の記事が続くけど、ご勘弁を・・・!

蜂群れの維持には、飼育管理が重要で基本となります。 これには、知識も大切だが、蜂の扱いに慣れることが一番です。

蜜蜂は、自分も命を落とすのでむやみに刺しません、こちらが怖がり、乱暴に扱ったり、慌てなければめったに刺されません・・・(ということは、刺すこともあるという事になります)
万一刺された時は、針を摘まんで指先などで抜こうとせず、患部を服などに擦り付けると簡単に抜けます。この後、水等で冷やせばよい。
初めは、体質によってかなり腫れるが、飼育に慣れてくる頃には腫れも少なくなるのが普通です。
尚、一箇所刺されると、蜜蜂に伝染して他の蜂も刺しにくることが多いので・・・注意!

作業にあたっては、服装を整えることも大切です、帽子・覆面布、袖とズボンの裾から入り込まないように対策して行いましょう。素手で行うことが好いのですが、初めはゴム手袋をしてやるのが安全です
(素手で行う理由:手袋の作業では乱暴な扱いになりやすい為です、素手は感触などが直に伝わるので優しく扱える)

次に、巣箱の横に立ち巣箱をコンコンと軽く叩き、蜜蜂に何かあるぞと伝える?巣門から2~3回燻煙し、蓋を開けて再度、煙を柔らかく吹きかけ蜂が静かになったところで、巣脾枠の両端を持って静かに引き上げます。
巣脾は必ず垂直を保つように・・・(注意)

巣脾枠の間隔は狭いので、其のまま持ち上げたり戻したりすると、女王蜂をすり殺すことがあるので、端の方からずらして、間隔を広くして行います。
尚、気温が低い時は、手間取ると温度が低下するの素早い作業を行うことも重要なことです。

内検して女王蜂が居ないことが解れば、この対策を行い、また貯蜜が不足しているならば給餌をします。
巣脾枠から蜜蜂を除くには、巣枠の両耳を持って、素早く上下に振れば大部分の蜂は落とせます。
残った蜂は、蜂ブラシ等で優しく払い落とします。

初めての人はこれが重要。

養蜂の目的は、蜂蜜を採ることですが、安定した生産は、強勢な蜂群れが居て初めて出来ることなので、少なくとも、一群で始めた場合は、最初の一年は蜂群れの増勢を第一の仕事として、あせって蜜を採らないようにしよう!
初心者の失敗は、これが原因となるケースが多い。

☆・・飼育の解説書です。・・参考になるよ!

ミツバチ―飼育・生産の実際と蜜源植物 (新特産シリーズ)

ミツバチ―飼育・生産の実際と蜜源植物 (新特産シリーズ)

  • 作者: 角田 公次
  • 出版社/メーカー: 農山漁村文化協会
  • 発売日: 1997/03
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

日本ミツバチ―在来種養蜂の実際 (新特産シリーズ)
ニホンミツバチの飼育法と生態
タグ:巣箱内検

種蜂の購入、品種 [蜜蜂の飼育を始めるには・・・!]

養蜂を始めようとする場合、無くては開始出来ない物に種蜂があります。

種蜂とは:養蜂の元となる蜜蜂の群れのことです。 西洋蜜蜂の場合:一匹の女王蜂と多数の働き蜂の一群で、当然巣箱(輸送箱または標準箱)、巣脾枠が含まれています

価格は、蜂付きの巣脾枠1枚〇〇円と加算されます。普通3枚~6枚で売られています。
購入の場合(大手の養蜂業者で購入出来ます。カタログやインターネット確認できます)、5枚以上が望ましい。初心者はなるべく6枚群の購入がよいでしょう。(健勢、増勢等の管理がが楽です)
仕入れる時期としては、秋(10月)か春(3~4月)が適しています。但し南北に長い日本では当然地域によって適した時期が違ってきます。
普通販売時期は、冬の季節に予約をして、春、手元に届くようになります。

蜜蜂を飼育する種類は、大別して西洋種と東洋種(日本ミツバチ)です。

日本蜜蜂は趣味の養蜂として行っているが(多群を飼育して収入を得ている人もいます)養蜂業としては殆ど飼われていません。
理由は、集蜜力が低いのと逃去癖等の欠点がるためです!
しかし、西洋種にない良い特徴(病気に強い等・・)があるので、趣味の養蜂とするのは望ましい品種です。

西洋種では、優良品種が幾種類つくりだされているが、種類はイタリアン種、カーニオラン種、コーカシアン種等だが実際飼われているのは、これらの雑種といえます。
これらの品種は、実際飼育しても殆ど差がないと言われています。

尚、優良品種として売られている種蜂は当然価格が割高となっています。しかし、特別に優秀というわけではないようです。見た目が少し綺麗だとかはありますが。 これより、刺す癖が少なく、また分蜂性が少ない品種を選ぶ方が賢明です。
安価でも、採蜜後や分蜂群の時は、増殖が思うようにならない場合や餌を多量に与える必要が生じるので、これを覚悟して購入するか、控えるのが好ましい!

種蜂が到着すれば、蜜蜂が落ち着いた時の夕方か朝に設置します・・・(これ以降の事は、次の機会に記事にします)

★・・・蜜蜂飼育解説書です、この本を読めば飼育は出来ます。


ミツバチ―飼育・生産の実際と蜜源植物 (新特産シリーズ)

ニホンミツバチの飼育法と生態
タグ:種蜂

養蜂を始める時の心得 [蜜蜂の飼育を始めるには・・・!]

趣味で養蜂を始めてみようかな?・・と思う人も多いでしょう。
大事なことは、蜜蜂を好きという状態にならないと長続きしません。単に蜂蜜だけ欲しいとういう理由では、失敗から逃れられないでしょう。

経費の面から考えて、飼育が楽な日本ミツバチを勧めますが、面白みは断然西洋蜜蜂だと私は思っています。 次々と問題が生じるので手抜きしては、飼育できない。・・・これが楽しみの一つと言えます。 また、飼育管理も難しいが、この反面やりがいもあります。 植物と同じで愛情を持って管理すれば、必ず好結果となって返ってきます。

蜜蜂の活動範囲は半径2㎞程度が実用的な区域です。面積では約1260haになります。
この区域内に蜜源となる植物が多くて、開花時期が偏らない植物が有れば飼育は楽ですが、小規模な趣味の養蜂ならば、たいてい何処でもやれるものです。

農家ならば、自分で蜜源植物を植えて増やすことも可能です。
尚、ミツバチ自身も流蜜期に一生懸命働いて蜜を集めて、花が乏しい季節に備える知恵を持っているので、初めから難しく考えは持たなくても大丈夫です。

大切なことは、その地域(土地々)の条件に合った飼い方であって、蜜源に関してはあまり取り越し苦労することも要らないでしょう。 しかし、これから蜜蜂の飼育を始めてみようという人が、様々な条件、方法等を調査、勉強することは大変好ましいことです。 また、飼育経験者の先輩等や養蜂を行っている場所に行って、直接アドバイス等を受けることは、得ることが多いです。

★・・詳しいことは、↓・・これを読めば得られます。

日本ミツバチ―在来種養蜂の実際 (新特産シリーズ)
ミツバチ―飼育・生産の実際と蜜源植物 (新特産シリーズ)
タグ:趣味の養蜂
蜜蜂の飼育を始めるには・・・! ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。