So-net無料ブログ作成
検索選択
日本蜜蜂(和蜂)飼育 ブログトップ
前の5件 | -

失敗例(逃去) [日本蜜蜂(和蜂)飼育]

一週間程前になるが、夕方仕事から帰宅すると分蜂誘導板に蜜蜂の塊・・・!
アッ・・今年初めての分蜂だと・・・?

早速、網を準備してひとすくい・・ドサ、と力なく落下、ン・ン?違う、なんか変だ、直ぐ分蜂群れではないと気づいた。

今日の分蜂ならば、蜜蜂ならばもっと元気があるはずなんだが、
こう思いながらも、予定の巣箱に収容。

これがその時の蜂球です。(写真は、下から上向きの撮影です)
蜂球(逃去群).JPG

さて、どこから来たのか・・・?
近くの巣箱の確認、。。やはり蜜蜂の気配がない巣箱がある。
中を見れば、やはり空でした・・・(逃去の確認)
原因は、はっきりしています、ズバリ貯蜜不足です、

蜜蜂は、餌がないのでこの場所では、生活出来ないと新居を求めて飛び出したのでしょう。

逃去後の巣箱内.JPG

写真で解るように、この群れは弱群でした、育児巣房も少なく、貯蜜は全然無い状態です。
3月から4月の天候不順の性もあるが、最大の原因は、飼育者(私)の怠慢です。
最大の失敗例となりました。
この様な状態を作るのは、蜜蜂飼育者失格です。
但し、他の群れは強群れで健在ですよ。

★・・この様なことを、生じさせない為に養蜂書を傍に置いておくと重宝します。
 
日本ミツバチ―在来種養蜂の実際 (新特産シリーズ)

スムシ対策巣箱 [日本蜜蜂(和蜂)飼育]

久しぶりの更新となりました。(怠け癖・・?)

日本ミツバチはスムシ(ハチノスツヅリガの幼虫)の食害に対いて、弱いのが欠点のひとつです。 これが原因となって逃去することは珍しくない。 逃去防止のため、巣箱の掃除を時々行うことが必要です。

西洋蜜蜂のように巣枠式巣箱で行う場合は、掃除が出来るように底板を、
取外し可能なようにしなければならなが、このようにしても掃除は面倒な作業となります。

今年の分蜂群を4月に収容して、飼育していますが一度も巣箱の掃除はしていません。
スムシは皆無です。

この巣箱は、西洋蜜蜂の巣箱(7枚の輸送箱を利用)です、もちろん巣枠式です。 巣枠式で飼育すると、内検も容易に出来ます。
この巣箱の特徴はは、巣箱の台となる箱があることです。
巣箱台.JPG

写真は巣箱下となる個所に、金網を取り付けています。
尚、この台は防腐剤を塗布しているが、蜂が嫌うので塗らない方が賢明です。しかし私は防腐剤を塗って飼育していますが、問題なく推移しています。
(蜜蜂の飼育方法は、○○してはダメだ・・・といわれることに、挑戦してその結果により、その説は大丈夫だと、逆説を作っています)
巣箱台網取付.JPG

巣箱を乗せた状況です。(巣枠3枚入)飼育する場合は給餌器と分割板板を巣枠の両側に設置します。
巣箱+台.JPG

蓋をして、この状態で飼育します。
尚、台の箱は少し地面に埋め込みます。
巣箱(巣枠式).JPG 

この飼育法の特徴は底板が無い巣枠式ですが、最大の目的はスムシの食害を予防できることです。 また、蜜蜂が増えてくれば、継箱を追加して対応できるので便利です。 巣箱の下が土で、土の中にはバクテリアや線虫等が居るので、スムシの卵や巣屑が土と一緒になる。この為、スムシが発生する確率が非常に少なくなります。

★・・・巣箱や飼育方法は、写真や図解でわかり易く解説している本です。もちろん、この記事の様な内容も、もっと詳しく書かれています・・・★

日本ミツバチ―在来種養蜂の実際 (新特産シリーズ)

日本ミツバチ―在来種養蜂の実際 (新特産シリーズ)


飼育巣箱 [日本蜜蜂(和蜂)飼育]

今年分蜂した日本ミツバチの飼育箱です、
昨年までは、重箱式(3段・4段・5段)と縦長の箱だけの飼育できたが、
今年は、巣枠式に挑戦です。
丸太の巣箱(丸胴)は、作っていないがいずれ挑戦する予定です。
この巣箱は、ミツバチにとっては最も自然の状態なのだが、重くて移動や内検が重労働となるります。

この写真は、横型の巣枠式です、
巣箱は西洋蜜蜂の輸送箱(7枚用)を利用しています。これならば西洋蜜蜂の巣枠を使えるので、特に問題はありませんが、巣脾は西洋蜜蜂で使用したものは巣房が少し大きいので、蜜蜂にとっては違和感があるかもしれませんが、特別な支障もなく受け入れて、現在は正常な育児を行っています。

もちろんスムシ対策として、巣箱の底板は外して受け台に乗せています。
下の台は地面に直接設置して、巣箱の下部との境には網を取り付けています。小さな巣屑は落ちる程度の網目です(この部分の詳細写真は、近日報告します)
この巣箱は、スムシ対策が優れた構造になっています。
 007横巣枠巣箱.JPG

縦型の巣枠式巣箱です。
西洋蜜蜂の巣枠を縦にした寸法に作っています。底板は引き出して掃除できる構造です。
 006縦型巣枠式巣箱.JPG

この巣箱に入れる給餌器です。深くなると蜂の負担が増すので2段にしています。
 051給餌器(縦型2段).JPG

西洋蜜蜂の巣脾枠管理、スムシの食害、カビ防止等の為、取り出し乾燥しました。
 002巣脾枠乾燥.JPG

☆・・・スムシ対策に優れた、様々な巣箱の構造は、↓・・この本で詳しく解説しています。
日本ミツバチ―在来種養蜂の実際 (新特産シリーズ)

日本ミツバチ―在来種養蜂の実際 (新特産シリーズ)


分蜂の季節 [日本蜜蜂(和蜂)飼育]

分蜂の季節到来・・・!(分封、また巣別れとも言います)
分蜂は、蜂蜜採取を目的としている場合は、好ましくないことです。(特に西洋蜜蜂
養蜂家は、如何に分蜂を防ぐか努力しています。

趣味で飼育している場合も同様ですが、群れを増やす場合は助かります。 自然分蜂の時誕生する女王蜂は、一般的に変性王台(無王群となった場合に出来る女王蜂を「育てる巣房)で誕生する蜂王より、大きくて丈夫な女王蜂が誕生します。

何故、分蜂を防止するかというと、分蜂を流蜜の時期に発せさせると、採蜜量がガタ減りとなるからです。
群れが2群(巣箱2個)となっても、(1+1)=2とならない。元の1群で出来る蜂蜜の何分の1と少なくなります。

しかし、日本ミツバチは趣味で飼われているのが殆んど(巣枠式飼育は少ない)自然巣の巣箱で飼育しているので、自然分蜂が発生しやすい。

東洋ランの花に集まった日本ミツバチの分蜂群。
金綾辺ではないが、この花に集結しました。近くに置いている金綾辺はまだ蕾の状態です。

 分蜂群001.JPG

設置している誘導板に集まった分蜂群、この状態は収容が楽です。一網で100%近く捕獲できます。
 日本蜜蜂分蜂群003-31.JPG

★・・・飼育方法や分蜂の仕組みや対策等、解り易く解説しています。・・・☆
 
日本ミツバチ―在来種養蜂の実際 (新特産シリーズ)

日本ミツバチ―在来種養蜂の実際 (新特産シリーズ)


タグ:分蜂

蜂群の捕獲 [日本蜜蜂(和蜂)飼育]

日本蜜蜂群を捕獲する方法として、分蜂群を収容する方法と、待箱として空巣箱を設置してこれに入るのを待って、捕獲する方法がある。
但し、全く蜂が居ない場所では効果が望めない。

日本ミツバチは、分蜂が始まる数日前から偵察蜂が飛んで行き、栄巣に適した住処を探しています。好い住処(巣箱)を見つけると、それぞれの蜂がダンスで仲間に知らせます。これを繰り返すうちに最適場所の候補地が残ってきます。
この後、分蜂が始まるり元巣の近くの太い木の枝などに蜂球を作り、一旦ここに留まります(休憩状態)
そして、最終候補地選定の話し合いが、ワイワイ、ガヤガヤと行われる?本当かな~~?
民主的な多数決で一か所に絞り、蜂群れ(蜂球)全体が群がって飛んでいきます。

そうです、この習性を利用して、偵察蜂が気に入るような空巣箱を置くのです。
もちろん、単なる空箱では効果は薄いでしょう。巣箱の中に蜜蝋を軽く塗ります。一時的ならば、蜂蜜や黒砂糖液を塗ってもいいのですが、蟻が入り逆効果となる場合があるので留意しましょう。

また、飼育していて空になった巣箱があれば、軽く清掃して待箱とするのも好い方法です。
日本ミツバチの誘因花(金綾辺)が咲いていれば、これを傍に置くと効果は格段に高くなります。

尚、偵察蜂が好んで飛来する場所に空巣箱を設置することが、重要になってきます。

飛来する確率が高い場所、

1)強風が吹き付けない場所、
2)直射日光が強く当たらない場所(適度な日陰)
3)傾斜面で目印となる大きな木等がある場所、
4)巣箱の前が拓けて、栄巣に適した場所,
5)近くを人が通る等刺激を受けない場所、
6)その他


一般的に分蜂の時期は、桜の花が散り若葉が芽吹く頃から始まります。

★・・・上記のような事も、この本で・・↓・・・解り易く書いています。

日本ミツバチ―在来種養蜂の実際 (新特産シリーズ)

日本ミツバチ―在来種養蜂の実際 (新特産シリーズ)



ニホンミツバチの飼育法と生態
タグ:待箱
前の5件 | - 日本蜜蜂(和蜂)飼育 ブログトップ
メッセージを送る