So-net無料ブログ作成
蜜源(花粉)植物 ブログトップ
前の5件 | -

サンゴジュ [蜜源(花粉)植物]

長期にわたり、記事の更新を疎かにして申し訳ありませんでした。
5月末日にて、退職したので時間は余裕が出来たのだが、気力不足で更新が遅れました。

さて、現在の愛蜂達ですが、日本蜜蜂は群れは強群と呼べる程に成っているが、今だに分蜂した気配が見当たらない? 何故だろう・・・?

そして、西洋蜜蜂は、人工的に分蜂させました、1群れは女王の産卵も順調で大丈夫だが、後の3群れは経過観察中です。
栗の花も終わり、蜜源の涸渇する季節を迎えましたが、現在サンゴジュに盛んに訪花しています、近くに寄れば羽音に圧倒されるほどです。

サンゴジュ(小さな花です)
    010-サンゴジュ拡大.jpg

    005-30%.jpg

スイートコーン(とうもろこし)
    014-トウモロコシ.jpg

蜜蜂と関係ないけど、巣箱近くで咲いているサボテンです。
    021-サボテン花.jpg
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

雑草も貴重な花、 [蜜源(花粉)植物]

夏から秋にかけて、蜜蜂の餌となる花蜜や花粉が少ない季節です。
道端や野原に咲いている雑草も貴重な花となる。

山や畑の隅、堤防等至る所に繁殖して、嫌われているクズ(山野などいたるところで見られるツル状草本)、蔓が木質となり木や草に絡み付き覆い尽くします。
根は澱粉を多く含んでいるので、葛粉(クズコ)が採れる、また薬草としても利用出来る。
今の時期は、紅紫色の花が咲いています、これに蜜蜂が訪花しています。

このように、樹木に覆いかぶさるように繁殖します。
 001.JPG

花は・・・!
 004.JPG

イタドリ・・・荒れ地や山の斜面などに生える多年草です。
春の新芽は食用になります。これも貴重な花粉源となります。
 002.JPG

栽培植物も・・・花粉源に・・・!
キバナコスモス・・・ポーチュラカ・・・多く咲いていれば蜜蜂は助かります。
 009.JPG
 011.JPG
 

ミカンの開花 [蜜源(花粉)植物]

我が地域最大の蜜源植物の蜜柑の花が咲き始めました。
この花は、香りを辺り一面に漂わせています。好い匂いです。
蜂蜜となれば、高級な蜜が採れます。
しかし、今年は西洋蜜蜂の飼育巣箱が少な過ぎるので、・・・蜂蜜多くは期待出来ないせん。
日本ミツバチは、7群いるが採蜜能力が劣るので純粋なミカン蜂蜜としては、採蜜が困難です。
百花蜜(様々の花が蜜源)となります。

毎年繰り返しですが、蜜柑の花。
 035ミカン.JPG

拡大すると。
 015ミカン花.JPG

おまけの写真、
この花は、何の花でしょう・・・?
 008じゃがいも.JPG

ヒント
花壇では見かけないと思います。 

続きを読む


1群れに必要な蜜源植物の面積は、 [蜜源(花粉)植物]

蜜蜂は、花から花蜜や花粉を集めて蓄えることはご存じだと思いますが、さて一つの蜂群(巣箱)では、どれだけ面積が必要でしょうか?
(この面積とは、採蜜が可能となる広さと考えます)

一般的に、このような素朴な疑問が湧くのは自然だと思います。これが養蜂上重要な問題と思いますが、本格的な調査・実験結果資料は無いようです。
しかし、養蜂の経験者(本業としている人達)は、ある程度把握していると思います。
多数の養蜂経験者の話をまとめると、ある程度は目安的な面積は割り出すこと出来る。

レンゲ(近年非常に少なくなってきたが)は、1群れの蜜蜂には50a(約5000㎡)が必要だと(採蜜が可能)考えられています。

また、花蜜はミカン畑では10a(約1000㎡)から20㎏の花蜜(蜂蜜になるとこれより遥かに少なくなります)を分泌すると言われています。意外と広い面積が必要ですよ!
我が地方では無いが、ホワイトクローバーやレッドクローバーは10a当たり6~7㎏程度の花蜜を分泌するといわれています。

このような状況で働く蜜蜂が集めてきた花蜜を、蜂蜜に造り替えて貯蔵しているのを、人間が頂戴するのです、いかに蜂蜜が貴重な食品であることが、理解できるでしょう!

☆養蜂の勉強に最適な本です。ミツバチ―飼育・生産の実際と蜜源植物 (新特産シリーズ)
日本ミツバチ―在来種養蜂の実際 (新特産シリーズ)

★・・・蜂蜜
純粋はちみつポリ 1kg
オリヒロ 純粋レンゲ蜂蜜 1kg
オリヒロ 純粋蜂蜜ビン 1kg
フランス産ローズマリー蜂蜜 380g
Conap Honey 100%天然・純粋蜂蜜 500g
スーパーブレンド蜂蜜 470g
タグ:蜜源植物

花粉源の向日葵 [蜜源(花粉)植物]

向日葵(ひまわり)は梅雨時期の、この時期から夏までの貴重な花粉源ですが、花壇に植えている程度だから、焼け石に水の如しです!
梅雨時期は、湿度が高いので、蜜蜂の飼育管理には留意ましょう!

今月始めは、サンゴジュの花が咲いていたので、これに盛んに訪花していました。 これも終わり、花が少ない季節に向かっている。 これから咲くハゼの木の花が、役立つだろう・・!

補助蜜源、花粉源となる、畑の作物も無視できません。

雨の止んだ数時間、この間にまだ開花して時間が経っていないで、花粉も充分でない向日葵に訪花している蜜蜂です!
  
 向日葵、蜜蜂DSC_0022.JPG

西洋蜜蜂です。まだ花粉は少ない状態だ!
 ひまわり、蜜蜂DSC_0024.JPG

タグ:花粉源
前の5件 | - 蜜源(花粉)植物 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。