So-net無料ブログ作成
蜂・虫刺され予防、 ブログトップ

蜂に刺されない方法 [蜂・虫刺され予防、]

スズメバチは春は、巣も小さくて数も少ないので危険は少ないが、夏の後半から秋に攻撃的になるので要注意です、
蜂は、そんなに人を刺す昆虫ではありませんよ、彼らも我が身を守る為の防御だから、怒らせないことが大事です今回は、簡単な蜂に刺されない方法、(当たり前の事ばかりだけど!)


1、蜂の巣に近づかない、攻撃して壊さない、

2、香水、香りの有る化粧品等にも敏感だから要注意、

3、白い服より、黒系統の色に攻撃する習性がある、 
 ・集団で移動する場合は、黒い服を着た人を連れて行き、餌食になってもらって・・、我が身を守りましょう(冗談だよ)
4、騒音、話し声、物音、振動にも敏感に反応する、

5、針が刺さるような、肌に密着した服装時には注意、

6、蜂は、刺した時に仲間に敵であることを知らせる為、攻撃フェロモン
  を放つので,連続で襲ってくる可能性があるので要注意、

7、室内や,車内へ蜂が入ってきた場合は、手で持たない限り攻撃してき ません,窓を明けて静かに逃がしましょう
      (蜂は、巣を守る為に、人を攻撃する)
8、見張りの蜂を見かけた時は、巣が近いので用心すること、
  縄張り内に立ち入った場合は、一斉に攻撃・・・・・、となる場合が
  あるので,・・・・・!特に注意、

9、食べ物の匂いも蜂を呼ぶので、残り物はしっかり封をする

蜂は、特別怖い昆虫ではないので、苛めないように・・!
でも、オオスズメバチ等では、毎年、刺されて死者が出ているので
怖~いよ!

蜂に刺されない方法 [蜂・虫刺され予防、]

何故、蜂は人に攻撃するのでしょう?
これを、知っているだけでも、被害を少なく出来ます、
一番、簡単なことは、彼女達(雄は刺さない)が怒ることです、集団生活しているので、一族(群)を守り、また自身を守る為に、防衛しているだけです、


一言でいえば、刺激を与えて怒らせない・・・(これで大丈夫)
ん・・?当たり前で、参考にならない・・と、いう人が居そうだから補足しましょう、一匹に刺されたら、攻撃フェロモンを発生して他の蜂に伝染して,一斉に攻撃してくるので・・、怖いよう~~~!
我輩は、過去、オオスズメバチに2回、アシナガバチに1回、そして蜜蜂は、う~ん?数え切れない20~30回/年・・・だから150回以上刺されたことになるな~!

蜂に刺されない為に、

巣に近づかない、これが一番だが、・・巣が有るのを知らずに近づくこともあるね、また巣は無いのに蜂が飛んでいる場合等・・・対応の仕方がそれぞれ違います、

1)巣の場所が分かっている場合

1、巣に近づかないことです、巣との間隔を充分に取れば安心です(オオスズメバチでは、3~10m以内に近づくと、見張り役の蜂が、カチカチと音を立て、警戒飛行します)

2、巣に直接触れたり、振動を与えたり刺激を与えないこと、巣に刺激を与えると、一斉に攻撃してきます、

3、巣を見つけたら、早め(巣が小さいうちに)取り除けば、危険は少ない、(殺虫剤で簡単に死ぬ)

2)巣が有るのを知らずに近づく(これが一番怖い)

1、化粧、香水、汗の匂い等にも、蜂が興奮するので注意しましょう、
また、缶ジュース等にも寄って来るので、溢して着衣に付けたりしないで下さい、物音より振動に敏感に反応するので、これも用心しましょう

2、スズメバチは、黒色に対して激しく攻撃性があります、また、ひらひら動く物等にもあるよ、万一攻撃された時は、手で追い払おうとすれば余計に、蜂を興奮させるので、しないほうが良いです、慌てずに静かに立ち去るのが最適な方法です、走って逃げると追いかけて来ます、
顔に攻撃してくるのは、瞳が黒いのでこれを目掛けて来るので、注意しましょう、また、スズメバチは、蜜蜂と違い何回でも刺すことが出来る、針が抜け落ちないので毒がある限り・・・・!

3、野外で作業する場合は、肌を露出する場所を無くして、白ぽい服装で
帽子をかぶって行いましょう、
オオスズメバチの巣は、地中か地面近くの木の洞等に巣があるので見つけ辛い、キイロスズメバチは軒下や天井裏、コガタスズメバチは樹木等に巣を造ります、

3)巣が近くに無い場合

1、スズメバチは、樹液も集めています、他の蜂が花蜜等を集めに来ている時は、直接いたずらしない限り危険はないが、オオスズメバチは縄張り意識が強い為、攻撃してくる場合いがあります・・・注意

2、室内や車内に侵入してきた場合は、静かに見守っている限り刺しません、ゆえに、追い掛け回して追い出そうとした場合は危険です、明るい方へ向かう習性があるので自然に出て行きます、
また、殺虫剤で簡単に駆除することも可能です。

さて、結論としては、

ハイキング等に行く場合は、厚化粧をして,香水付け,黒ぽい服装で、ひらひらと動く黒色の物を持っている人を、必ず連れて行き、先頭で誘導してもらいましょう、・・・、この人に犠牲になってもらって我が身が守れる?・・これで大丈夫・???
ん??何かへ(@'ω'@)ん?だ?
そうです、・・.これと逆事をしていけば少しは危険が回避出来るでしょう!

蜂・虫刺され予防、 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。