So-net無料ブログ作成
蜂・虫に刺された時の手当て処置 ブログトップ

蜜蜂に刺された時は・・! [蜂・虫に刺された時の手当て処置]

ミツバチの飼育していない、人が刺されるのは、稀でしょう、
しかし飼育している人は、丁寧に扱っていても、油断して刺されることはあります


西洋蜜蜂に比べ、日本蜜蜂の毒は弱いですが、刺されれば腫れる!
吾輩などは、慣れにより蜜蜂を手荒く扱うことがあるので、怒らして刺されることは、年数十回・・・!
西洋蜜蜂は、燻煙で蜂をおとなしくして取り扱います、気温の低い時期や、天気の悪い時、花蜜が不足している時は、機嫌が悪い場合が多いので、注意します!

万一、蜜蜂に刺された時は、必ずその箇所に針が残っているので、直ぐこれを抜くように・・(服(布)や手で擦れば、簡単に抜けます)
蜜蜂に慣れない人が刺されれると、最初はかなりひどく腫れることが多いようですが、回数を重ねると免疫になって、刺されても腫れなくなります!

蜜蜂の針の痛みは、刺された時、30秒から1分程はすごく痛いが、痛みは直ぐ治まります。
アシナガバチやスズメバチの針に比べれば、それほど不愉快な痛さではありません、・・(蜜蜂に刺させて行う針治療という療法もあります!)

刺されたからといって、それほど気にする必要はありません。
但し、稀に蜂毒に対して異常に敏感な体質の人が居ます・・、注意!
この種の人は、養蜂はしないほうが賢明かも知れませんが、予め坑ヒスタミン剤飲んでおくほうが良いでしょう!

また、いったん刺されれると、その箇所に、蜜蜂を怒らせる臭いが残るため、何回も攻撃を加えられる恐れがあるので、そこに蜂蜜を塗って匂いを消す方法もあります!
巣箱(蜜蜂)を内検中や採蜜時に、刺された時は、蜜蜂の群れに攻撃態勢が伝染するので・・要注意です!


花等に,訪れている蜜蜂は、傍に寄っても刺すことはまずないので、安心して、観察してみましょう!

★・・養蜂の本です
ミツバチ―飼育・生産の実際と蜜源植物 (新特産シリーズ)
日本ミツバチ―在来種養蜂の実際 (新特産シリーズ)


蜂に刺された時の手当て、 [蜂・虫に刺された時の手当て処置]

蜂に刺されやすい時期

アシナガバチ7月~8月(巣が最も大きくなる)
スズメバチ :8月末~10月(巣が大きくなって蜂の数が多い)
蜜  蜂:活動時期(2月~12月だが、巣を痛めつけない限り、ほとんど問題ない)


刺された時の特徴と症状

アシナガバチ:強い痛みを感じ、大きく赤く腫れる、重症の場合は、は発熱、嘔吐、蕁麻疹などが生じることもある)
スズメバチ:激痛があり、大きく赤く腫れる、重症の場合、呼吸困難、発熱、嘔吐、下痢,全身浮膿、肝臓障害が起こることがある、まれにショック症状で死亡する場合がある
ミツバチ:刺されると強い痛みがあるが、直ぐに痛みは無くなる、刺された場所は赤く腫れる、針が刺された部分に残っているので、速やかに手又は布等でこすると、簡単に抜けます、尚、蜂治療として、刺させて患部を治療する方法もあるが、蜂に弱い人は注意!

刺された時の応急処置(手当て)

1、突然、襲われた時は、近くに巣があることもあるので、出来るだけその場所を離れましょう。

2、直ぐに、刺された箇所の周囲を強くつまみ、毒を搾り出すか、吸い出す(毒を吸い出す器具が輸入販売されています・・注射器を大きくしたような構造)

3、流水等で水洗いして、タオル等で冷やす(水道の蛇口の水で流すと良い、蜂毒は(タンパク質出来ている)水に溶けるので、薄める効果と冷やす効果がある)

4、患部に虫刺されの薬(抗ヒスタミン軟膏・副腎皮質ホルモン軟膏等)を塗る、昔、一般に良いといわれていたアンモニアは、全く効果なしです、また、民間療法として、柿渋、アロエの汁、タマネギの汁、ヘクソカズラの汁を塗るとか聞いたことあるけど、効果は定かではないでしょう!

5、発疹、嘔吐、胸が苦しくなる、頭痛、腹痛、寒気、全身のしびれだるさ、息苦しさ、意識障害、呼吸困難等の症状が現れる時は、アナフィラキシーショック(急激なアレルギー反応)の可能性が大きいので、一刻を争って救急病院へ搬送が必要です、更に症状が進めば、めまい、むくみ、息苦しさ、意識が薄れる、失禁、血圧の低下等が起こります、
こうなれば、緊急事態ですよ、

6、手足を刺されて、病院まで時間が掛かる場合は、刺された箇所より心臓側を、布等で縛る方法も毒が全身に廻らないようにする効果あるが.血流を止める処置なので(縛った時間を記入)、時々緩めるとか注意すべき事項があるので留意を必要とする、

7、以前刺されたことがあり、2度目が危ないとよく言われるのは、抗体が強くなって、反応が過敏になるようです、

刺されないことが、一番の処置です、・・この記事を参考に.することが無いように.注意しましょう・・・♪

蜂・虫に刺された時の手当て処置 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。