So-net無料ブログ作成
検索選択
蜂群れの増勢、増殖 ブログトップ
前の5件 | -

巣箱の中を把握 [蜂群れの増勢、増殖]

またまた、ご無沙汰していました、申し訳ない!

季節は巡り・・・春になりました、しかし北国は雪の季節が続いているようです。
この時期、3月ともなれば、日差しが長くなるので蜜蜂達も春近しと感じて、
産卵を開始しする時期です。
暖かい地方では、2月から産卵しているはずです。

我が蜜蜂たちも、2月中旬と比較して明かに、数が多くなっていることが感じられます。
仕事柄、昼間は巣箱の見回りが出来ませんが、巣門から聞こえる蜜蜂の出す音である程度中の状態は解ります。

そこで、巣箱の中の状態を把握する為に、内検することが重要になります。
この結果に従って、給餌で蜂を刺激して産卵育児が盛んになるように仕向け、強群になるように管理します。
但し、この時期は、寒暖の差が大きい日があるので注意しよう。

内検は

産卵育児は順調か・・・? 貯蜜の量は・・・? 蜜蜂の数は・・?(6枚の巣脾に蜜蜂が居るようならば越冬は成功) 女王蜂は健在か・・・?(但し、無理して見つけないこと、卵や幼虫があるかで判断できます) 雄蜂の数は・・・?(多くいれば無精卵の影響では?と調べる<女王蜂不在>) 蜂の死骸、巣屑で汚れていないか・・・?

以上のようなことを調べる。
尚、日本蜜蜂は、この時期巣屑を多く発生させるので、巣箱の掃除は怠らないようにしましょう。
巣箱の冬囲いは、気象状態に留意して取り除きます。私はすでに取り除いています。
春分の日頃になる取り除いても大丈夫でしょう。

この時期は育児の為、花粉集めに蜜蜂は忙しく働いています。
これから、流蜜期に群れが最大となるように管理を行います

群れの建勢 [蜂群れの増勢、増殖]

3月、この時期は菜の花が満開を迎えているでしょう。
菜の花と言えばアブラナ(ナタネ)をいうのですが、昔は油を取るために栽培されていたが最近は少なくなくなっています。
しかし、畑などで、白菜等の黄色い花がよく見られます。

今の時期ミツバチは、まだ寒い日があるので巣箱の中では蜂球を形成して寒さに耐えています、
蜂球は、冷たい空気に触れる面積を最小にしている理にかなった形です。
人間でも寒いと背を丸めるでしょう、同じような行為といえます。

さて、ミツバチの群れは、1ヶ月以上前から産卵は始まっているのですが、生まれてくる蜜蜂より寿命が尽きて死ぬ成蜂が多いので群勢が強くなることが出来ません。
そこで、一人前の蜂群れに早く育て上げなければならない(健勢)・・・これが今の時期の課題です。

建勢の出来不出来が、採蜜勝負の分かれです。

効果的な建勢の方法は・・・? 答えは簡単です、給餌をすることです(餌を与える)

この時期の給餌注意点、

1)糖液はやや濃い目にして、冷たくしていない物を与える(温めた状態)
2)給餌器は浅めの物を使用する。


★・・・現在販売されている中では、代表的な養蜂書です。

ミツバチ―飼育・生産の実際と蜜源植物 (新特産シリーズ)

日本ミツバチ―在来種養蜂の実際 (新特産シリーズ)

給餌のメリットは、 [蜂群れの増勢、増殖]

蜜蜂に、給餌(餌を与える)・・・ヘェ~?と不思議そうに思う人が多いでしょう。
給餌とは、蜜蜂に砂糖液を与えることです。
特に、西洋蜜蜂は給餌で群勢を管理するのが大切なことです。


砂糖を買ってきて餌を与えて、引き合うか?初心者は疑問を感じるかもしれませんが、ご安心を、つぎ込んだ砂糖代は、原則として採蜜量の形で帰ってくるはずです。
しかし、丹念に強勢群れを作り上げても、天候が相手の行為です、
大蜜流期(蜜を出す花が多く咲く時期)に曇りや雨の日続きや、低温続いたりすれば、蜜蜂の集蜜活動が行えず期待外れになることも生じます・・・!

この場合は、つぎ込んだ経費は回収できない。
(こんな年も雨の多い我が地方では、生じることがあります)
ちなみに、我が群れには1年間に、一群れに10~15㎏程度与えています。

日本蜜蜂を、10群飼育している人が居るが、この人は給餌したことがないといっていたが・・、成果を聞かなかったな~!

養蜂は、天候に著しく左右されます。
しかし、悪条件でも弱群が採蜜ゼロでも、初春から建勢して強勢群ならば、ある程度の採蜜出来るケースがあります。
この為、多少の出費は覚悟しても、建勢に努めた方が得策となるでしょう!


ハチミツは、養蜂家(私は趣味ですが)の努力の結晶です。国産のハチミツは輸入蜜に比較すれば高価ですが、味や品質は優れた物が多いです!

☆、解りやすい、蜜蜂飼育の解説書です!

ミツバチ―飼育・生産の実際と蜜源植物 (新特産シリーズ)

ミツバチ―飼育・生産の実際と蜜源植物 (新特産シリーズ)

  • 作者: 角田 公次
  • 出版社/メーカー: 農山漁村文化協会
  • 発売日: 1997/03
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

日本ミツバチ―在来種養蜂の実際 (新特産シリーズ)
ハチミツレシピ。ミツバチを育てながら
ニホンミツバチの飼育法と生態
新しい蜜蜂の飼い方


蜂群れの合同法 [蜂群れの増勢、増殖]

蜜蜂(西洋)を飼育していると、充分な管理をしても強群にならない弱群れや、王蜂の居なくなった群れなどを合同して、強勢群れにする必要が時々生じます。

合同とは:2つの群れを1つの群れにして、蜂数の多い群れにすることです。

これは、簡単に一緒には出来ません!
蜜蜂は、同じ巣箱から分蜂した群れ(姉妹)であっても、群れの独立意識が強いので、そのまま他の群れの蜂を入れると、よそ者と判断して直ぐに戦いが始まり、蜂の死骸の山が出来ます!
この為、合同するには、喧嘩しないように合同させなければなりません!
(群れ毎に、群れの香に違いがあります)

尚、合同作業は、花の咲いている流蜜期にはやりやすいが、秋冷期になると難しくなります。

合同の準備、

蜜蜂は巣箱の位置を記憶しているので、巣箱をうっかり移動させると、蜂を迷子にしてしまいます。
蜜蜂は、巣箱が無くなっても元あった場所に戻り・・・混乱します!

合同しようとする2つの巣箱は毎日数十cmずつ動かして近づけ、最後に2つを並べてから合同の作業にかかります。
尚、接近が出来ない場合は、1群れを2㎞以上離れた場所で、2週間以上生活させて、持ち帰って実施するとよいでしょう。

合同する為の下準備として、無王感を持たせることと、満腹感を与えておくことがあります。
無王感の方は、2日前位から両群れの女王蜂を王籠に入れます。

満腹感の方は、合同操作前に蜜を蜂に吹きかけます。

合同法・・・その1

準備が完了したら、2つの巣箱の巣門から燻煙器で煙を吹き込み、巣門を新聞紙等で5分間程度閉鎖してから、一方の巣脾枠を他方の巣箱に移し、更にもう一度燻煙して蜜蜂を落ち着かせせます。
(燻煙は、臭覚を麻痺させて、蜜蜂を馴染ませるのです)

合同法・・・その2

A群れの女王蜂を除き、次に蜂児枠を取り出して、蜂を巣箱の中に振落とし、無王・無蜂児の貯蜜巣脾枠だけの群れとしておく。蜂児枠は他の群れに預ける!

引続きB群の蓋を開けて巣箱の上に、小さな穴を沢山開けた新聞紙蓋代わりに置き、その上に継箱を乗せてから、この継箱にA群の蜂を移し入れて蓋をしてそのまま放置します。
こうすると、両軍の蜂はこの小穴(新聞紙)を噛み破って大きくして行き来できるようにする間に、闘争心が鈍り、喧嘩せずに穏やかに合同するようになります!

そして、合同が終われば他の群れにに預けていた、A群の蜂児枠をその群れの蜂を振落として、巣枠だけ合同群に入れます!

文章に書けば、難しくなるが、行うことは簡単です。
しかし、合同が必要としないように、蜂群の維持管理を行うのが大事です。
また、日本蜜蜂は、一握りほどの弱小群れでも、飼育管理を行えば、立派に一群れとして強勢群と成る場合が多々あるので、普通、合同は不要と思います!

☆・・蜜蜂関連の商品です。

ミツバチ―飼育・生産の実際と蜜源植物 (新特産シリーズ)

ミツバチ―飼育・生産の実際と蜜源植物 (新特産シリーズ)

  • 作者: 角田 公次
  • 出版社/メーカー: 農山漁村文化協会
  • 発売日: 1997/03
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
日本ミツバチ―在来種養蜂の実際 (新特産シリーズ)

日本ミツバチ―在来種養蜂の実際 (新特産シリーズ)

  • 作者: 藤原 誠太, 村上 正
  • 出版社/メーカー: 農山漁村文化協会
  • 発売日: 2000/04
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

秋の群勢充実方法(西洋蜜蜂) [蜂群れの増勢、増殖]

初秋における群勢の充実成否は、越冬群の運命を左右する大切なことです!・・(西洋蜜蜂
あらゆる角度からその対策を検討して群勢の充実を促進することが必要です。

ハギやソバ等がある地方は別として、他の一般の土地では秋には,これといった流蜜がないのが普通です、
したがって暑い夏の季節に産卵を休んでいた群れも、秋になれば産卵を再開するが、産卵圏は一向に拡大せず、群勢の回復もそのままでは、あまり芳しくないので、当然、給餌の必要が生じます、

初秋の飼料としては、夏季用のものより少し濃くし、砂糖1に対して水(湯)0.8の割り合いにするのが適当です!

尚。この奨励給餌は秋の間だけにとどめ、遅くとも越冬準備の頃までには完了させなければならない。
また、一旦適期を逸してからでは、とても取り返しが困難なので、決して無理な産卵を促進することのないように、自重しなければなりません!

越夏を終わった蜂群れは、かなり余分の空巣脾が出来ているはずですが、これをそのままにして給餌すると、各巣脾に少量ずつの蜜しか溜らず、産卵圏もその割りに伸びない・・!

この為、群勢の充実を図るためには、給餌に先立って、無用の空巣脾を全部取去り、群勢を思い切り密集させることが必要です。
尚、取除いた空巣脾は、当然、スムシの駆虫処理をして、貯蔵します。

★・・蜜蜂飼育の知識を得るのに最適の本です、要所を解りやすく書いています!

ミツバチ―飼育・生産の実際と蜜源植物 (新特産シリーズ)

ミツバチ―飼育・生産の実際と蜜源植物 (新特産シリーズ)

  • 作者: 角田 公次
  • 出版社/メーカー: 農山漁村文化協会
  • 発売日: 1997/03
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

 


前の5件 | - 蜂群れの増勢、増殖 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。