So-net無料ブログ作成
検索選択
ひょうたん栽培・加工 ブログトップ
前の5件 | -

素瓢箪 [ひょうたん栽培・加工]

蜜蜂が主要なブログですが・・・!
また、瓢箪の記事で申し訳ない、養蜂に関することは、以前の記事と重複しそうでネ。
ん? 瓢箪も同じでは?
ハイ、ごもっとも・・・・・!

8月の下旬に水漬けしてから、5週間以上経過してやっと素瓢箪となりました。
まだ、乾燥が不十分だが晴れれば自然乾燥します。

最初の工程、中身(種等)取り出しです。
水の入った瓢箪を上下に振って振出します、ドロドロ状態の中身と種が出てきます、
この作業は、臭いが強いので必ずゴム手袋を着用する。
(薬品で腐らす方法もあります
瓢箪中味(種)取出し.jpg 

取り出した中身(種)の状態。
 取出した種等.jpg

天日干し、時々廻して全面乾燥させる。
 瓢箪の天日乾燥.jpg

乾燥した瓢箪、
瓢箪の中は写真で解るかな~?(半分に切断したのが1個ある)
表面と違って筋状でザラザラ状です。
 乾燥完了(中状況).jpg

素瓢箪の出来上がり、(このままで保存可能)
表面仕上げ(塗装・漆塗り・絵等)や彫刻等、様々な方法があるが、時間にゆとりが出来れば加工します。
また、我が市内で装飾ランプ(透かし掘り)やスピーカーに加工している人がいるので、機会があればお教えを受ける予定です。

瓢箪の収穫 [ひょうたん栽培・加工]

今年も瓢箪の収穫時期なりました。
過去の記事と重複するので詳細は省略です。

これが今年の瓢箪、約半分の収穫・・・出来栄えは?
  DSC_0003縮小30.jpg

瓢箪の中身の状態です(1/2に切断)
この中身を腐らして、種を取り出します。
 DSC_0007縮小30.jpg

中身を取り出す準備・・・穴開け作業 
ドリルで穴を開けます、径はΦ9~12mm(大きさにより変える)
中身を棒等で突いて崩すと、幾分早く中身が早く腐ります。
 DSC_0011縮小30.jpg

水漬~数日かかります。
中が柔らかくなれば、瓢箪を振り種等を出します(これを何回か繰り返す)
尚、悪臭が生じるので留意しなければならないよ。容器には蓋を忘れずに・・・!
幸い我が家は田舎なので、その心配はない。
  DSC_0018縮小30.jpg

水を入れ替えながら~数日間~そして清水にさらして・・・乾燥・・の順になる。

瓢箪の収穫時期に・・・! [ひょうたん栽培・加工]

永らくご無沙汰していました。
記事の更新する時間は充分にあったのですが、歳の性か気力が・・・!

今年の夏は、厳しい暑さですね。我が地方が暑さ日本一(最高気温41℃)になったようですが、
巣箱を置いている場所は、42~43℃に成りました(場所が悪い・・ハイそのとおりです)
蜂場に日除けとして植えている瓢箪が熟してきました。
巣箱置き場は、落葉樹の下の涼しい場所が適しているのですが、自宅の横の畑の隅を蜂場としているので愛蜂たちには苦労をかけています。
しかし、毎日見回りして管理するには便利です。
   2013,瓢箪.jpg
 

尚、この棚にはブドウも2本這わしているのですが、瓢箪に遠慮してか控えめに育っています(笑)
来年は、ぶどうの蔓で日陰出来るかな・・・?

ぶら下がっている瓢箪です。
実が重たいので紐で縛って補強しています。形は全て微妙に変化して個性的ですよ!
   2013、ひょうたん拡大.jpg 

収穫は、色が白くなりまた叩くと甲高い音が出るまで熟させる、未熟だと中身を抜く作業時に必ず割れるから注意しましょう。
蔓が枯れてから収穫すれば、確実に熟しているでしょう。

瓢箪乾燥まで完了しました [ひょうたん栽培・加工]

毎年、同じことの繰り返しですが、今年の瓢箪を乾燥まで完了しました。 4月に種蒔して5ヵ月です。 植える場所がないので同じ所で栽培、やはり連作障害が見られました。 土作りが一番重要です。 秋から来年の為に準備します。

中身を抜いている状態です。水漬した瓢箪を軽く振ると簡単に出せます。 ドロドロじょうになって種と一緒に出る。 003.JPG

清水で灰汁が出なくなるまで、何度か繰り返し水を替えます。灰汁が出なくなったら完了します。
この時点になれば、臭いも全くありますせん。
010.JPG

水から取り出したよ、・・・ツルクビ瓢箪が多い、曲がったり捻じれた物など様々です。
009.JPG

天日で乾燥します、数日かかります。
002.JPG

来年は、この瓢箪を多く栽培予定。ジャンボ瓢箪の種子が欲しいな~!
003.JPG

★・・・瓢箪・へちま栽培方法から加工まで・・・☆

ひょうたん・へちま―栽培から加工まで

ひょうたん・へちま―栽培から加工まで


瓢箪の収穫 [ひょうたん栽培・加工]

久しぶりの更新です。
毎年の事ですが、今年もまた瓢箪を収穫しました。
完熟していない物もあるようだが、蔓が枯れ始めたので全て採りました。
しかし、土作りが充分でなかったので作柄は今一です。

これが採取した瓢箪です、鶴首瓢箪が多い。
011.JPG

早速、中身抜きの準備、・・・穴開けです。
これには電気ドリルを使います。穴の径は瓢箪の太さに合わせた寸法にします。
あまり小さいと種出しに苦労します。
013.JPG

穴を開けた瓢箪を水に漬けます、中身を腐らせることで中の柔組織と種を取り出す、腐ると上下に振ると簡単にドドドロ状で出すことが出来ます。
この時、問題が生じます、腐った瓢箪から発生する悪臭があることです。
田舎ならば問題がないが、住宅地では匂いの拡散防止に配慮が必要となる。期間は温度によって違うが1~3週間程度。

また、短期間で中身を溶かす事が出来る製品も販売されています。悪臭がほとんど出ないので風呂場などでも作業が可能です。

尚、大きな瓢箪等で水に漬けることが出来ない場合は、穴を開けて暖かい場所に置き、中身を腐らせて出してから、水に漬けます。
また、穴を開けずに蔓を付けたまま腐らして取り出す方法もあります。
016.JPG

水に漬けると、瓢箪が浮いてくるので錘が必要です。右が錘で沈めた状態です。
中身が完全に抜けた後、清水に付けて灰汁だしを行い・・・乾燥・・・加工・・の順になります。

★・・・詳しいことは、・・↓

ひょうたん・へちま―栽培から加工まで

ひょうたん・へちま―栽培から加工まで


前の5件 | - ひょうたん栽培・加工 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。