So-net無料ブログ作成
日本蜜蜂維持管理 ブログトップ
前の5件 | -

9月~10月(秋の管理) [日本蜜蜂維持管理]

暑い夏の間休止していた産卵が開始される。 これからの時期は、順次越冬させる蜜蜂となるので重要です。

しかし、スズメバチの襲来、西洋蜜蜂の盗蜜、また日本蜜蜂も強群が弱小群の盗蜜する恐れがあるので、この対策も考慮します。

盗蜜は蜂蜜の匂いを嗅ぎつけて来るので、内検や給餌は夕方短時間で行うように努めます。
特に、西洋蜜蜂はいったん盗蜜を始めると、狙った日本蜜蜂の巣箱を徹底的に蜂蜜を奪い取る、この時激しい攻防の戦いが発生して死に蜂が多数生じます。
激しい攻撃で被害を受けた日本蜜蜂は、諦めて抵抗を止めるようになります。こうなると全滅か逃去となる。

同じ場所で混飼している場合の対策は、西洋蜜蜂の貯蜜状態を確認して、不足ならば先に西洋蜜蜂に充分給餌することが重要です。 給餌は、砂糖を使用するが、間違っても日本蜜蜂の蜂蜜を与えぬ様に留意。日本蜜蜂の蜜の匂いを覚えて、その巣箱を襲うようになります。 

巣門付近で、西洋蜜蜂の姿を見かけたら、直ぐに巣門を狭める。
これでも対応できない場合は、2㎞以上離れた場所に巣箱を移動させる、この時、中に少々の西洋蜜蜂が残っていても問題ありません、巣箱内で匂いが混ざって慣れて、その群れの一員として一緒に行動するようになります。

しかし、西洋蜜蜂と日本蜜蜂とは、混飼は避ける方が賢明です。
私は、まれに盗蜜が発生した時もあるが、問題なく飼育しています。
尚、盗蜜は、西洋蜜蜂の弱い群れを襲う場合もあるので、蜂群れは常に強群で維持するように努めましょう!

スズメバチ予防器 [日本蜜蜂維持管理]

日本蜜蜂は、スズメバチに対して防御本能が備わっているので、巣箱に侵入を許さない限り全滅となる確率は低い。 しかし、巣箱に何も対策を施していなければ被害を受けます。

巣門の寸法は7mm以下(高さ)ならば、オオスズメバチは巣箱内に侵入出来ないが、巣門に数匹のオオスズメバチが群がるとさすがの日本蜜蜂も戦意消失となるかもしれない。

巣箱に取り付けた予防器です。
 006トリミング(予防器)41.jpg
    
捕獲は出来ないが被害を軽減出来る
005予防器(31%).jpg

出入りする蜜蜂を待ち伏せ捕獲しているカマキリです。
  004カマキリ(31%).jpg
 
巣箱の周りには蜘蛛もいます、外に飛び出せば、トンボ・ツバメ等に捕食される数も多い。
敵ばかりの世界で、数で対抗している昆虫です。
蓄えた蜂蜜を奪う人間も害敵なのかも・・・?しかし、花の無い季節のは給餌して管理しているので持ちつ持たれつでしょう・・・!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

冬の巣箱 [日本蜜蜂維持管理]

日本蜜蜂は、比較的寒さに強いので、西洋蜜蜂の管理程神経質になる必要はないが、巣箱の周囲に防寒処置を施すのが好ましい。

勿論、巣門は狭くします。気温が低くなると日本蜜蜂は巣房の下部で蜂球を作り、お互いに体を寄せ合い保温に努めます。


蜜が空になった空巣は噛み捨てるので、巣箱の底に巣屑が溜まるようになります。
この時期は、スムシの心配がないので、急いで掃除する必要はない。

尚、巣箱の重さを確認しておれば、重量の変化である程度巣箱中の状態が解るようになる(貯蜜等)

また、暖かい日等には、脱糞飛行に飛び出す姿が見られます。

スズメバチ予防 [日本蜜蜂維持管理]

9月中旬になり、オオスズメバチが巣箱に来るようになりました。
日本ミツバチは、スズメバチに対して防御法を心得ているが、油断していると壊滅的な被害を受けることがあります。

この為、巣箱に予防器を取り付けました。
これは、単にスズメバチの被害を軽減させるだけで、捕獲器の様に罠はないので駆除は出来ないが、これで充分です。
 004.JPG 

もちろん、手製です。
 006.JPG

スズメバチを捕獲するには、巣箱近くの木等に、ペットボトルで作ったトラップを設置します。
これが、ペットボトルトラップ・・・!
過去の記事に、作り方等は掲載しています・・・参考になれば幸いです。
 001スズメバチ捕獲器.JPG

誘引剤としては、各自工夫して行っているようですが、私は簡単な方法(ワイン+蜂蜜少々)です。
この中に、スズメバチを一匹入れれば、匂いに引き寄せられて確実に捕獲出来ます。
 004スズメバチトラップ.JPG

群れの個性 [日本蜜蜂維持管理]

西洋蜜蜂は、内検時に巣脾を引き上げようとすれば、必ず燻煙を必要とするが、日本ミツバチは一般的に攻撃性が小さいので、何もせず巣箱を開けてもまず刺されない。

髪の毛にまれに体当たりしてくる蜂もいるが、刺すことは少ない、絶対刺さないというわけではないので注意は必要です。蜂の体を圧迫すると必ず刺すので注意・・!
西洋蜜蜂と同様に、雨や曇りの天気が悪い日や気温が低いと怒る傾向があるので油断しない様にしましょう。

日本ミツバチは、神経質で内検中等の僅かな振動で逃げまどうので、扱いにくい面もある。 内検は、出来るだけ手際よくし短時間で済むように心掛けることが大切です。

また、飼育すれば解りますが、蜂群れによっておとなしい群れや、一年中攻撃的な群れもあります。
しかし、内検時に大騒ぎする群れでも、飼育者の匂いに慣れてくるのか、しばらくの期間扱っていると少しはおとなしくなる傾向はあるようです。(群によって性質に違いある)
内検時、年間を通じて攻撃的な群れや逃げまどって大騒ぎする群れは、おとなしい群れの王台を利用して王蜂の更新を行うと好いでしょう。

尚、日本ミツバチは煙を嫌うので、燻煙は西洋蜜蜂に行うように蜂群れに向かって行うのは邪道です。逃げ惑う蜂に煙を吹きかけても意味はありません。 日本ミツバチの養蜂では、人に纏わりつく蜂だけに煙を使用します。

★・・・詳しいことは、この本で・・・☆

日本ミツバチ―在来種養蜂の実際 (新特産シリーズ)

日本ミツバチ―在来種養蜂の実際 (新特産シリーズ)

  • 作者: 藤原 誠太
  • 出版社/メーカー: 農山漁村文化協会
  • 発売日: 2000/04
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


ミツバチ―飼育・生産の実際と蜜源植物 (新特産シリーズ)
前の5件 | - 日本蜜蜂維持管理 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。